こむら返りがどうも治らないことと治りにくい人の症例

こむら返り,治らない

 

こむら返りが起きた状態、普通はふくらはぎをマッサージ始める程度で癒えることが多いのですが、実に治らない状態もあります。

 

その理由としては、筋肉自体がつり易い状態になっているということが考えられます。

 

たとえば、必須で立って掛かることが多く、徒歩の血行が悪くなっていたり、過度の実践を継続的に行っていて、筋肉に負担がかかっている場合などが挙げられます。

 

また、散々入浴することが慣行化している場合には脱水姿が起こり易く、それが筋肉に影響し易くなります。

 

一段と、こむら返りが治らないときの原因としては、ボディーが冷えるということが考えられます。

 

たとえば冬になって気温が下がってくると、寒冷にてボディーがプレッシャーになり、血の巡りが悪くなって筋肉が硬くなって仕舞う危険があります。

 

一際冷え性の人の場合は、絶えずボディーが冷え易くなっているので、徒歩の筋肉も慢性的につり易い状態になっていると考えられます。

 

こむら返り,治らない

 

また、掛け布団が酷い場合も徒歩の筋肉に負担がかかり、これが原因になっている場合は、布団の重さや交わる流儀を変えない限りは、姿が治りにくくなります。

 

この他でこういう姿が治りづらい状態としては、薬が原因になっていることもあります。

 

そういう薬としては、降圧剤や高脂血液疾病診療薬、女性及び父親ホルモンの薬などがあるので、これらの薬を常用していて、こむら返りが治らないようであれば、病棟で主治医に相談して下さい。

 

もっと、こういう症状が出る場合は、心や筋肉に影響を与えるような病気が原因です危険もあります。

 

そういう病気としては、糖尿疾病、肝硬変、関節炎、腰椎の病気などがあります。

 

そんな病気による場合も、こむら返りが気になるようなら主治医に委託した方が良いでしょう。

 

こむら返り,治らない

 

もう一度、こういう姿が治りがたい原因としては、焼酎の呑み過ぎも窺えるので、飲酒の量についても注意することが大切です。

 

以上のように、こむら返りがどうも治らない場合には各種原因が考えられますが、これらを直すには、筋肉に負担がかかりすぎないような生活にすると同時に、筋肉を強くするような適度な実践やストレッチングを行ったり、入浴などでボディーを温めたり水分を敢然と投薬したりすることが重要です。

 

ただ、何やら治らないときは自分が考えているのではない原因となっている可能性もあるので、気になる場合は早めに病棟に行ってみることをお勧めします。

 

こむら返りTOPへ